FC2ブログ
タイミングよく【チャートサインハンター「SRF2」】の戻り売りサインが点灯しました。

ユーロドル15分足 2019年3月7日
EURUSD_M15_SRF2_1_20190308.png
 SRF2についても、アラート機能は別のインジケーターを作成して対応することにしました。

 SFR2の本体インジケータがインストールされているMT4で、SRF2の本体インジケータがライセンス的に利用可能なMT4口座でのみ利用可能な、SRF2用アラート機能をもったインジケーターを作成してみました。


Alert-SendMail-SRF2.ex4

 使用したいチャートにインジケーターをセットする。設定項目は下記の通り。

AlertSettings_SRF2.png

設定項目
FileName:
 SRF2の本体インジケーターのファイル名から拡張子を除いた部分を入力。例えば、ファイル名が SRF2_12345678.ex4 の場合には SRF2_12345678 と入力。

UseAlert:
 下図のようなアラートダイアログによりサイン発生を知らせる機能を使用する場合には true、使用しない場合には false を選択する。
AlertDialog4_SRF2.png

UseMail:
 メールによりサイン発生を知らせる機能を使用する場合には true、使用しない場合には false を選択する。

UseSound:
 アラート音によりサイン発生を知らせる機能を使用する場合には true、使用しない場合には false を選択する。

SoundFile:
 アラート音に使うサウンドのファイル名を入力する。


※下図の通り、"DLLの使用を許可する" にチェックを入れる必要があります。

AlertDLL_SRF2.png



メールによりサイン発生を知らせる機能を使用する場合のMT4側の設定の一例

ツール → オプション → E-メール
MT4_mail_settings_20180727.png

※設定後にMT4を再起動させる必要がありました。


ドルスイス 15分足
USDCHF_M15_mBDSR_3_20190215.png
上段: mBDSR
下段: RCI3本ライン (赤:RCI9,水色:RCI26,黄:RCI52)


(1) 押し目買いサイン

 RCI3本ラインのうち明確に下降しているのがRCI9のみ。
 RCI9が反転上昇すればRCI3本そろって上昇となる可能性のある場面。
 すなわち、プライスも強い上昇となる可能性。

このような局面で、mBDSRの押し目買いサイン(丸で囲ったピンク矢印)が点灯しています。


(2) 戻り売りサイン

 RCI3本ラインのうち明確に上昇しているのがRCI9のみ。
 RCI9が反転下降すればRCI3本そろって下降となる可能性のある場面。
 すなわち、プライスも強い下落となる可能性。

このような局面で、mBDSRの戻り売りサイン(丸で囲った黄色矢印)が点灯しています。


RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際の
エントリーの精度を高めるために開発したインジケーター
BODSOR_mBDSR_20181130.png


ツイッター
https://twitter.com/RCIX3Line

ブログ
http://bodsor.blog.fc2.com/

投資ナビ+
http://fx-on.com/navi/serial/?id=359

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCL-g5uAlesiWVJEDtWlFvGw


ドル円 1時間足における押し目買い・戻り売りサインの例



※本記事中のチャートには、説明の便宜上、円や直線や四角などを書き加えて
いる場合がありますのでご了承ください。

ユーロ円 1時間足
EURJPY_H1_mBDSR_1_20190209.png
上段: mBDSR
下段: RCI3本ライン (赤:RCI9,水色:RCI26,黄:RCI52)


(1) 押し目買いサイン

 RCI3本ラインのうち明確に下降しているのがRCI9のみ。
 RCI9が反転上昇すればRCI3本そろって上昇となる可能性のある場面。
 すなわち、プライスも強い上昇となる可能性。

このような局面で、mBDSRの押し目買いサイン(丸で囲ったピンク矢印)が点灯しています。

その後、順調に上昇し、RCI3重天井に近い形まで上昇していることが分かります。


(2) 戻り売りサイン

 RCI3本ラインのうち明確に上昇しているのがRCI9のみ。
 RCI9が反転下降すればRCI3本そろって下降となる可能性のある場面。
 すなわち、プライスも強い下落となる可能性。

このような局面で、mBDSRの戻り売りサイン(丸で囲った黄色矢印)が点灯しています。

その後、順調に下落し、RCI3重底に近い形まで下落していることが分かります。


RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際の
エントリーの精度を高めるために開発したインジケーター
BODSOR_mBDSR_20181130.png


ツイッター
https://twitter.com/RCIX3Line

ブログ
http://bodsor.blog.fc2.com/

投資ナビ+
http://fx-on.com/navi/serial/?id=359

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCL-g5uAlesiWVJEDtWlFvGw


ドル円 1時間足における押し目買い・戻り売りサインの例



※本記事中のチャートには、説明の便宜上、円や直線や四角などを書き加えて
いる場合がありますのでご了承ください。

ドル円 30分足
USDJPY_M30_mBDSR_1_20190127.png
上段: mBDSR
下段: RCI3本ライン (赤:RCI9,水色:RCI26,黄:RCI52)


 RCI3本ラインのうち明確に上昇しているのがRCI9のみ。
 RCI9が反転下降すればRCI3本そろって下降となる可能性のある場面。
 すなわち、プライスも強い下落となる可能性。

このような局面で、mBDSRの戻り売りサイン(丸で囲った黄色矢印)が点灯しています。

サイン点灯直後に大きな陰線が発生しており、プライスは下落していることが分かります。



RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際の
エントリーの精度を高めるために開発したインジケーター
BODSOR_mBDSR_20181130.png


ツイッター
https://twitter.com/RCIX3Line

ブログ
http://bodsor.blog.fc2.com/

投資ナビ+
http://fx-on.com/navi/serial/?id=359

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCL-g5uAlesiWVJEDtWlFvGw


ドル円 1時間足における押し目買い・戻り売りサインの例



※本記事中のチャートには、説明の便宜上、円や直線や四角などを書き加えて
いる場合がありますのでご了承ください。

PAGETOP